アービトラージ

資産の購入と売却を同時に行うことで、価格の不均衡から利益を得ることです。

アジャストメント

通貨収支の不均衡や通貨レートの問題を解決する必要がある場合に、中央銀行が行うものです。

アスク

通貨ペアを購入する際に、買い手が取ることができる価格です。

アップティック

ある商品の取引を、前回の取引に比べて高い値段で行うことです。

イニシャルマージン

ポジションを建てるために入金によってカバーしなければならない証券の割合のことです。

インフレーション

物価が上昇し、貨幣の購買価値が低下している状態を指します。

受渡日

株式、債券、およびオプション取引の決済が必要な日のことです。FXでは通常、この日をバリューデートと呼びます。

営業日

市場が取引可能な日であることを意味します。ある国の銀行が休業した場合、その休業した銀行の通貨でのFX取引はできません。

エントリーストップ

株や通貨がある一定の価格になったら買う、または売るという指示です。買い注文はその時点のレートより高い価格を設定し、売り注文はその時点のレートより低い価格を設定することになる。この機能は、トレーダーを大きな損失から守り、利益の保護をする役割を果たします。

エントリーリミット

トレーダーがあらかじめ設定した将来の価格で、通貨やその他の資産を購入する注文のことです。市場が予想と異なる方向に動いた場合、注文が実現しない可能性があります。

FOMC

米国の金融政策を規定する連邦準備制度理事会の外郭団体です。

FOREX

外国為替取引を指す場合に最も一般的に使用される用語です。

FX

外貨の売買を意味する言葉としてもよく使われる略語です。

オージー

取引において、豪ドルはこのように呼ばれることが一般的です。

オーバー・ザ・カウンター(OTC)

実際の証券取引所で行われないあらゆる種類の取引のことです。

オーバーナイト

日をまたいで繰り広げられる取引のことです。

オープンポジション

これはライブ取引です。買いまたは売り、あるいはロングまたはショートになる可能性があります。

オファー

売り手が売りたいと思う価格です。また、これは買うことが可能な最良の価格となります。

オフクォート

取引を希望する市場の流動性が不足している場合に発生する可能性があるものです。また、市場におけるボラティリティが非常に高い場合にも発生する可能性があります。

外国為替

ある通貨の他の通貨に対する売買のことです。FXのオンライン取引では、取引所外での取引が行われます。

外国為替スワップ

同一金額の通貨を別の通貨と同時に売買することで、2つの異なる価値の日付で売買することです。通常、外貨建ての融資をより有利な金利で受けるために行われます。

買いシグナル

トレーダーが使用するテクニカル分析によって決定されるシグナルです。一定の条件を満たした場合、このシグナルは買い時であることを示します。

買い手市場

この状況では、買い手よりも売り手の方が多くなります。この場合、通常、価格は急速に下落します。

キウイ

最も一般的に使われているニュージーランドドルのことを指す言葉です。

キャッシュ

為替取引の一種で、行ったその日のうちに決済されるものであります。通常、米国市場でのみ使用される用語です。

基準通貨

通貨ペアでレートが提示される際の基準となる通貨です。例として、米ドル/円では、米ドルが基準通貨となります。通貨ペアでは常に基準通貨が優先されます。

金本位制

金価格が通貨の価値を決定するシステムです。この制度は1930年代の世界恐慌の後に放棄されました。

銀行レート

中央銀行が国内の銀行に融資する際の金利のことです。

クォート通貨

ペアで2番目にクォートされる通貨です。EUR/USDの場合、クォート通貨はUSDとなります。クォート通貨は、セカンダリー通貨またはカウンター通貨とも呼ばれます。

クロスレート

2つの通貨のレートが第3の通貨(大抵は米ドル)に対して計算されることで算出される為替レートです。

コールレート

コールローンの利率のことです。要求に応じて支払期日が到来するローンです。

交換可能通貨

中央銀行からの認可を受けることなく、目的に応じて自由に他の通貨に交換できる通貨を指します。

国際収支

四半期や1 年など、特定の期間に、ある国の住民とそれ以外の国の住民の間で行われたすべての支払いを記録したものです。

国内総生産

ある国が一定期間に生産するすべての財およびサービスの貨幣的尺度で示します。

国民総生産

国内総生産と似ていますが、この数字には国外からの所得もすべて含まれています。

サポート

レジスタンスの反対語です。トレーダーが買いを期待するポイントです。

資産

経済的価値のあるもの。FXでは、資産は保有する通貨に関係する場合がある。

ショート

ロングポジションとは逆のものです。ショートでは、トレーダーは価格が将来的に下がると予想します。

市場注文

トレーダーが現在の市場レートで即座に売買を行うことです。

スイシー

FXでスイスフランを指すのに最もよく使われる名称です。

スターリング

FXにおいて「ケーブル」と呼ばれる英ポンドの別称です。

スパイク

価格が突然高騰することです。また、価格が突然大きく下落する場合も同じように使われます。

スプレッド

買値と売値の差です。

スリッページ

市場注文が出された瞬間と、それが満たされた瞬間の間に、時として見られるピップ値の差のことです。

スワップ

ポジションをオーバーナイトで放置した場合の、ペアの各通貨に対する中央銀行の金利差およびブローカーの手数料のことです。金利の変動により、スワップがプラスになったりマイナスになったりする場合があります。

先行指標

経済活動に関する統計で、しばしば成長率の変化やその他の価格に影響を与える重要なトレンドに先行します。

中央銀行

政府および商業銀行システムに資金を供給する、一国の主要な経済機関です。また、金利などの金融政策の決定や通貨発行も行います。

中央銀行金利

欧州通貨単位との相対的な通貨交換レートです。各通貨は、中央レートに対して小さな幅で動くことがあります。

強気市場

強気市場とは、価格が上昇傾向にある場合を指します。弱気市場は、は数週間から数ヶ月続くこともあります。

通貨ペア

外国為替相場を構成する2つの通貨のことです。世界で最も取引されている通貨ペアがEUR/USDです。

ティック

値動きのわずかな変化のことを指します。これは上にも下にもなります。

デイトレーダー

同日中に資産を売買する人。この種類の取引は、外国為替市場で最も一般的に行われています。

デイトレード

同日中にポジションを売買するトレーダーが行う活動のことです。

テクニカル分析

チャート、価格動向および出来高により、市場の動きを予測しようとする試みの総称です。

トランザクション

売買取引が成立したときに起こるものです。

トランザクション日

取引日と同じです。

トレーリングストップ

現在の価格より上か下に設定する逆指値で、値動きに応じて調整することができます。

トレンド

値動きを表す言葉として用いられています。トレンドは、価格の上昇と下降の両方の動きを指すことがあります。マイナートレンドとは、1ヶ月に渡って行われるものを指します。インターミディエイトであれば、1ヶ月から6ヶ月に及ぶものです。そして、メジャートレンドは、1年以上続くものを指します。

トレンドライン

価格トレンドを追跡するために引かれる直線です。山や 谷が上昇すれば、上昇トレンドになります。山や谷が下がれば、下降トレンドのサインとなります。トレンドラインが途切れた場合は、通常、トレンドの反転が起こることを意味します。

取引日

取引される日付です。

同事

テクニカル分析でよく見られるパターンです。そのローソク足の形成は、ほとんど等しい始値と終値を追跡するため、非常に小さいです。

薄利多売市場

取引量が少なく、市場の流動性が低い場合です。この場合、買値と売値の間に広いスプレッドが生じることになります。

ハードカレンシー

他の通貨との交換や取引が容易な通貨全般を指します。急に価値が下がりにくいという特徴があります。

バスケット

通貨をグループ化し、その加重値を他の通貨の価値を決定するために使用される選択されたポートフォリオのことです。

バンド

取引バンドとも呼ばれ、ある通貨が他の通貨に対して動ける範囲を、現地政府が定めた既成の条件に基づいて設定したものです。

ビッド

通貨ペアを売る際に、買い手が取ることができる価格です。

ビッド/アスクスプレッド

ビッド価格とアスク価格、つまり買値と売値の差のことです。

ピプ

ピプは、外国為替で登録できるもっとも小さな動きです。ほとんどの通貨ペアでは、この動きは0.0001です。USD/JPYの場合、最小のPIPは0.1です。

ファンダメンタルズ

物価の動きを左右するマクロ経済要因として、金利、貿易収支、成長率などが挙げられます。

ファンダメンタルズ分析

経済データや政治データを用いて、市場の将来の動きを予測することです。

フェデラルファンド金利

銀行同士がオーバーナイトベースで貸し借りできる金利のことです。また、通貨供給量の現状に対する連邦準備制度理事会の見解を示すものでもあります。

不況

通貨などの資産価値が下がることです。

ペッグ

2つの通貨の動向を一致させるものです。ペッグ通貨には、動けるバンドがあるものと、より厳格で乖離が少ないものがあります。

ヘッジ

トレーダーが、あるポジションをカバーするために、別のポジションを建てることです。これは通常、損失から守るために設定されるものです。

ポジション

ポジションとは、取引を約定した状態のことです。先に定義したオープンポジションであったり、最近クローズしたポジションであることがあります。

ボラティリティ

ボラティリティとは、市場または資産内の動きの度合いを示す指標です。ボラティリティが高いと、大きなリターンを得ることができますが、同時に高いリスクも意味します。

ボリンジャーバンド

いわゆるテクニカル指標と呼ばれるものです。これは、値動きを判断および予測するために使用される3つのバンドを備えています。価格は多くの場合、上側のバンドで抵抗線を、下側のバンドで支持線を見つけることができます。

保証金

マージンと同じ意味です。ポジションを建てるために必要な保証金の額を指します。

マージン

マージンを利用することで、レバレッジを効かせた取引が可能になり、値動きに対してより多くの利益を得ることができる反面、損失を加速させる可能性もあります。例えば、マージンを50:1にして取引を行った場合、500ドルの取引を開始するために必要なリスクは10ドルのみとなります。

マージンコール

トレーダーの潜在的な損失をカバーするのに十分な担保を保持していない場合に行われます。担保を追加しなければ、ポジションを決済することができます。

ラインチャート

ある一定期間の値動きを把握するための最もシンプルなチャートの1つです。他のチャートと組み合わせて、市場間分析に使用されることが多いのが特徴です。

ラリー

特に価格が低迷している期間を経て、価格が継続的に上昇することを意味します。

リスクキャピタル

個人の損失が許容される資本額です。この金額は、トレーダーの全体的な経済的安定性を決して危うくするものではありません。

リスク管理

優秀なトレーダーは、自らの取引がもたらすリスクを管理できるような計画を立てています。

流動性

ある資産がどの程度の頻度で、どの程度の水準で取引されているかを意味します。資産の流動性が高い場合、多くの人がその資産を売買していることを意味します。流動性が低い場合、その資産はトレーダーにとってほとんど関心がないことを意味します。

両替取引

ある通貨の資産または負債が、異なる通貨の資産または負債と交換されるプロセスです。

ルーニー

カナダドルを指すのに最もよく使われる呼び名です。

レート

ある通貨の価格を他の通貨と比較したときの価格です。

レジスタンス

アナリストが売りを期待するポイントです。

レバレッジ

一般的には、トレーダーがより大規模な取引を行うために、マージンを使用する能力のことを指します。レバレッジは、大きな利益を得ることができますが、損失を悪化させる可能性があります。

レンジ

ある一定期間の資産の高値と安値の差のことです。その日のレンジは、その日の高値に対する安値のものとなります。

連邦準備制度(FED)

米国の中央銀行です。

ローソク足チャート

最も人気があり、幅広く利用されているテクニカル指標の一つです。チャートは、その日の値動きを追跡します。終値が始値より高い場合、ローソク足の色は緑または青になります。終値が始値より低い場合、ローソク足の色は赤になります。

ロールオーバー

オープンポジションが一晩で発生する利息の額です。

ロット

FX取引で取引される単位の標準化された数です。標準ロットは、基準通貨の100,000単位に等しいです。10,000単位はミニと呼ばれます。1,000単位はマイクロロットと呼ばれます。

ロング

トレーダーが今後価格が上昇することを期待して取引を行うことです。

有効期限

別名「最終取引日」とも呼ばれ、トレーダーはこの日までにオプションを決済しなければ、損益を計上することはできません。

EUR

欧州連合加盟27ヵ国のうち、19ヵ国で使用されている通貨であるユーロを表しています。

弱気市場

弱気市場とは、価格が下落傾向にあることを指します。弱気市場は数週間から数ヶ月続くこともあります。

用語集

アービトラージ

資産の購入と売却を同時に行うことで、価格の不均衡から利益を得ることです。

アジャストメント

通貨収支の不均衡や通貨レートの問題を解決する必要がある場合に、中央銀行が行うものです。

アスク

通貨ペアを購入する際に、買い手が取ることができる価格です。

アップティック

ある商品の取引を、前回の取引に比べて高い値段で行うことです。

イニシャルマージン

ポジションを建てるために入金によってカバーしなければならない証券の割合のことです。

インフレーション

物価が上昇し、貨幣の購買価値が低下している状態を指します。

受渡日

株式、債券、およびオプション取引の決済が必要な日のことです。FXでは通常、この日をバリューデートと呼びます。

営業日

市場が取引可能な日であることを意味します。ある国の銀行が休業した場合、その休業した銀行の通貨でのFX取引はできません。

エントリーストップ

株や通貨がある一定の価格になったら買う、または売るという指示です。買い注文はその時点のレートより高い価格を設定し、売り注文はその時点のレートより低い価格を設定することになる。この機能は、トレーダーを大きな損失から守り、利益の保護をする役割を果たします。

エントリーリミット

トレーダーがあらかじめ設定した将来の価格で、通貨やその他の資産を購入する注文のことです。市場が予想と異なる方向に動いた場合、注文が実現しない可能性があります。

FOMC

米国の金融政策を規定する連邦準備制度理事会の外郭団体です。

FOREX

外国為替取引を指す場合に最も一般的に使用される用語です。

FX

外貨の売買を意味する言葉としてもよく使われる略語です。

オージー

取引において、豪ドルはこのように呼ばれることが一般的です。

オーバー・ザ・カウンター(OTC)

実際の証券取引所で行われないあらゆる種類の取引のことです。

オーバーナイト

日をまたいで繰り広げられる取引のことです。

オープンポジション

これはライブ取引です。買いまたは売り、あるいはロングまたはショートになる可能性があります。

オファー

売り手が売りたいと思う価格です。また、これは買うことが可能な最良の価格となります。

オフクォート

取引を希望する市場の流動性が不足している場合に発生する可能性があるものです。また、市場におけるボラティリティが非常に高い場合にも発生する可能性があります。

外国為替

ある通貨の他の通貨に対する売買のことです。FXのオンライン取引では、取引所外での取引が行われます。

外国為替スワップ

同一金額の通貨を別の通貨と同時に売買することで、2つの異なる価値の日付で売買することです。通常、外貨建ての融資をより有利な金利で受けるために行われます。

買いシグナル

トレーダーが使用するテクニカル分析によって決定されるシグナルです。一定の条件を満たした場合、このシグナルは買い時であることを示します。

買い手市場

この状況では、買い手よりも売り手の方が多くなります。この場合、通常、価格は急速に下落します。

キウイ

最も一般的に使われているニュージーランドドルのことを指す言葉です。

キャッシュ

為替取引の一種で、行ったその日のうちに決済されるものであります。通常、米国市場でのみ使用される用語です。

基準通貨

通貨ペアでレートが提示される際の基準となる通貨です。例として、米ドル/円では、米ドルが基準通貨となります。通貨ペアでは常に基準通貨が優先されます。

金本位制

金価格が通貨の価値を決定するシステムです。この制度は1930年代の世界恐慌の後に放棄されました。

銀行レート

中央銀行が国内の銀行に融資する際の金利のことです。

クォート通貨

ペアで2番目にクォートされる通貨です。EUR/USDの場合、クォート通貨はUSDとなります。クォート通貨は、セカンダリー通貨またはカウンター通貨とも呼ばれます。

クロスレート

2つの通貨のレートが第3の通貨(大抵は米ドル)に対して計算されることで算出される為替レートです。

コールレート

コールローンの利率のことです。要求に応じて支払期日が到来するローンです。

交換可能通貨

中央銀行からの認可を受けることなく、目的に応じて自由に他の通貨に交換できる通貨を指します。

国際収支

四半期や1 年など、特定の期間に、ある国の住民とそれ以外の国の住民の間で行われたすべての支払いを記録したものです。

国内総生産

ある国が一定期間に生産するすべての財およびサービスの貨幣的尺度で示します。

国民総生産

国内総生産と似ていますが、この数字には国外からの所得もすべて含まれています。

サポート

レジスタンスの反対語です。トレーダーが買いを期待するポイントです。

資産

経済的価値のあるもの。FXでは、資産は保有する通貨に関係する場合がある。

ショート

ロングポジションとは逆のものです。ショートでは、トレーダーは価格が将来的に下がると予想します。

市場注文

トレーダーが現在の市場レートで即座に売買を行うことです。

スイシー

FXでスイスフランを指すのに最もよく使われる名称です。

スターリング

FXにおいて「ケーブル」と呼ばれる英ポンドの別称です。

スパイク

価格が突然高騰することです。また、価格が突然大きく下落する場合も同じように使われます。

スプレッド

買値と売値の差です。

スリッページ

市場注文が出された瞬間と、それが満たされた瞬間の間に、時として見られるピップ値の差のことです。

スワップ

ポジションをオーバーナイトで放置した場合の、ペアの各通貨に対する中央銀行の金利差およびブローカーの手数料のことです。金利の変動により、スワップがプラスになったりマイナスになったりする場合があります。

先行指標

経済活動に関する統計で、しばしば成長率の変化やその他の価格に影響を与える重要なトレンドに先行します。

中央銀行

政府および商業銀行システムに資金を供給する、一国の主要な経済機関です。また、金利などの金融政策の決定や通貨発行も行います。

中央銀行金利

欧州通貨単位との相対的な通貨交換レートです。各通貨は、中央レートに対して小さな幅で動くことがあります。

強気市場

強気市場とは、価格が上昇傾向にある場合を指します。弱気市場は、は数週間から数ヶ月続くこともあります。

通貨ペア

外国為替相場を構成する2つの通貨のことです。世界で最も取引されている通貨ペアがEUR/USDです。

ティック

値動きのわずかな変化のことを指します。これは上にも下にもなります。

デイトレーダー

同日中に資産を売買する人。この種類の取引は、外国為替市場で最も一般的に行われています。

デイトレード

同日中にポジションを売買するトレーダーが行う活動のことです。

テクニカル分析

チャート、価格動向および出来高により、市場の動きを予測しようとする試みの総称です。

トランザクション

売買取引が成立したときに起こるものです。

トランザクション日

取引日と同じです。

トレーリングストップ

現在の価格より上か下に設定する逆指値で、値動きに応じて調整することができます。

トレンド

値動きを表す言葉として用いられています。トレンドは、価格の上昇と下降の両方の動きを指すことがあります。マイナートレンドとは、1ヶ月に渡って行われるものを指します。インターミディエイトであれば、1ヶ月から6ヶ月に及ぶものです。そして、メジャートレンドは、1年以上続くものを指します。

トレンドライン

価格トレンドを追跡するために引かれる直線です。山や 谷が上昇すれば、上昇トレンドになります。山や谷が下がれば、下降トレンドのサインとなります。トレンドラインが途切れた場合は、通常、トレンドの反転が起こることを意味します。

取引日

取引される日付です。

同事

テクニカル分析でよく見られるパターンです。そのローソク足の形成は、ほとんど等しい始値と終値を追跡するため、非常に小さいです。

薄利多売市場

取引量が少なく、市場の流動性が低い場合です。この場合、買値と売値の間に広いスプレッドが生じることになります。

ハードカレンシー

他の通貨との交換や取引が容易な通貨全般を指します。急に価値が下がりにくいという特徴があります。

バスケット

通貨をグループ化し、その加重値を他の通貨の価値を決定するために使用される選択されたポートフォリオのことです。

バンド

取引バンドとも呼ばれ、ある通貨が他の通貨に対して動ける範囲を、現地政府が定めた既成の条件に基づいて設定したものです。

ビッド

通貨ペアを売る際に、買い手が取ることができる価格です。

ビッド/アスクスプレッド

ビッド価格とアスク価格、つまり買値と売値の差のことです。

ピプ

ピプは、外国為替で登録できるもっとも小さな動きです。ほとんどの通貨ペアでは、この動きは0.0001です。USD/JPYの場合、最小のPIPは0.1です。

ファンダメンタルズ

物価の動きを左右するマクロ経済要因として、金利、貿易収支、成長率などが挙げられます。

ファンダメンタルズ分析

経済データや政治データを用いて、市場の将来の動きを予測することです。

フェデラルファンド金利

銀行同士がオーバーナイトベースで貸し借りできる金利のことです。また、通貨供給量の現状に対する連邦準備制度理事会の見解を示すものでもあります。

不況

通貨などの資産価値が下がることです。

ペッグ

2つの通貨の動向を一致させるものです。ペッグ通貨には、動けるバンドがあるものと、より厳格で乖離が少ないものがあります。

ヘッジ

トレーダーが、あるポジションをカバーするために、別のポジションを建てることです。これは通常、損失から守るために設定されるものです。

ポジション

ポジションとは、取引を約定した状態のことです。先に定義したオープンポジションであったり、最近クローズしたポジションであることがあります。

ボラティリティ

ボラティリティとは、市場または資産内の動きの度合いを示す指標です。ボラティリティが高いと、大きなリターンを得ることができますが、同時に高いリスクも意味します。

ボリンジャーバンド

いわゆるテクニカル指標と呼ばれるものです。これは、値動きを判断および予測するために使用される3つのバンドを備えています。価格は多くの場合、上側のバンドで抵抗線を、下側のバンドで支持線を見つけることができます。

保証金

マージンと同じ意味です。ポジションを建てるために必要な保証金の額を指します。

マージン

マージンを利用することで、レバレッジを効かせた取引が可能になり、値動きに対してより多くの利益を得ることができる反面、損失を加速させる可能性もあります。例えば、マージンを50:1にして取引を行った場合、500ドルの取引を開始するために必要なリスクは10ドルのみとなります。

マージンコール

トレーダーの潜在的な損失をカバーするのに十分な担保を保持していない場合に行われます。担保を追加しなければ、ポジションを決済することができます。

ラインチャート

ある一定期間の値動きを把握するための最もシンプルなチャートの1つです。他のチャートと組み合わせて、市場間分析に使用されることが多いのが特徴です。

ラリー

特に価格が低迷している期間を経て、価格が継続的に上昇することを意味します。

リスクキャピタル

個人の損失が許容される資本額です。この金額は、トレーダーの全体的な経済的安定性を決して危うくするものではありません。

リスク管理

優秀なトレーダーは、自らの取引がもたらすリスクを管理できるような計画を立てています。

流動性

ある資産がどの程度の頻度で、どの程度の水準で取引されているかを意味します。資産の流動性が高い場合、多くの人がその資産を売買していることを意味します。流動性が低い場合、その資産はトレーダーにとってほとんど関心がないことを意味します。

両替取引

ある通貨の資産または負債が、異なる通貨の資産または負債と交換されるプロセスです。

ルーニー

カナダドルを指すのに最もよく使われる呼び名です。

レート

ある通貨の価格を他の通貨と比較したときの価格です。

レジスタンス

アナリストが売りを期待するポイントです。

レバレッジ

一般的には、トレーダーがより大規模な取引を行うために、マージンを使用する能力のことを指します。レバレッジは、大きな利益を得ることができますが、損失を悪化させる可能性があります。

レンジ

ある一定期間の資産の高値と安値の差のことです。その日のレンジは、その日の高値に対する安値のものとなります。

連邦準備制度(FED)

米国の中央銀行です。

ローソク足チャート

最も人気があり、幅広く利用されているテクニカル指標の一つです。チャートは、その日の値動きを追跡します。終値が始値より高い場合、ローソク足の色は緑または青になります。終値が始値より低い場合、ローソク足の色は赤になります。

ロールオーバー

オープンポジションが一晩で発生する利息の額です。

ロット

FX取引で取引される単位の標準化された数です。標準ロットは、基準通貨の100,000単位に等しいです。10,000単位はミニと呼ばれます。1,000単位はマイクロロットと呼ばれます。

ロング

トレーダーが今後価格が上昇することを期待して取引を行うことです。

有効期限

別名「最終取引日」とも呼ばれ、トレーダーはこの日までにオプションを決済しなければ、損益を計上することはできません。

EUR

欧州連合加盟27ヵ国のうち、19ヵ国で使用されている通貨であるユーロを表しています。

弱気市場

弱気市場とは、価格が下落傾向にあることを指します。弱気市場は数週間から数ヶ月続くこともあります。

質問と回答

何か文書を送る必要がありますか?

規制当局の要件とAMLポリシーに準拠するために、身元と居住地を証明する文書を送信してアカウントを確認する必要があります。これは「顧客確認(KYC)」プロセスとして知られ、もし支援が必要な場合には弊社のカスタマーサポートチームが案内いたします。